NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
 伝統ビジネス国際化推進研究部会 _
  委員会・研究部会伝統ビジネス国際化推進研究部会
 2008/06/17 第1回伝統ビジネス国際化推進研究部会主催 講演会
 

第1回 伝統ビジネス国際化推進研究部会主催 講演会

「職人の世界」

 
◆ 日時
 6月17日(金)17:00〜19:30
◆ 会場
 NBC会議室
◆ 講師
 井戸 理恵子氏(民俗情報工学研究家・多摩美術大学非常勤講師)
◆ 演題
 「職人の世界」
◆ 参加
 19名
 
6月17日(火)外部から講師を御招きし、伝統ビジネス国際化推進研究部会の学習会をNBC会議室にて行いました。
 
講師は民俗情報工学研究家の井戸理恵子氏
当日は、職人の技の詰まった見事な白大島に身を包んでNBC会議室にお越しくださいました。
 
お話をいただいた井戸理恵子氏
講演会の様子
講演会の様子
▲お話をいただいた井戸理恵子氏
 
井戸さんは多摩美術大学非常勤講師として教鞭をとる傍ら、日本全国を回って、古来先人たちが受け継いできた各地に遺る生活に伝わる技術を民俗学的視点から、その意味と本質を読み解き、現代に活かすことを目的とする活動を精力的に続けていらっしゃいます。
 
講義では、まずかつての日本人が、風土や、自然に学び生きていたこと。
それが幕末、西洋の文化に触れた我々日本人が、その文化に憧れ、かつて自分たちが持っていた文化を葬りさってしまったことなどについてお話くださいました。
 
そして、「職人」の世界に、かつての日本人の面影が見られるというお話がありました。
 
例えば、奈良の薬師寺の新塔(西塔)を建てた宮大工さんの仕事を例にあげてみれば、現在西塔は、東塔に比べて30センチ高く建てられているのだそうです。それは、100年、200年という年月をかけて木が縮み、同じ高さになるということを知っているからそうしているのだそうです。
それこそ、自然に学び、風土に合わせ「いま」だけを見るのではなく、「先」を見据えて、いますべきことをするという自然と共生する姿勢です。
 
他にも、井戸さんからでなくては伺えないような貴重なお話を沢山伺いました。
 
お話もさることながら、美しい日本語で話をされる井戸さんのお話や佇まいからも、気づかされることがたくさんあったように思います。
 
終了後は、新潟錦鯉ツアーの際にお世話になった丸重養鯉場の田中さん(お父様ではなく、その息子さんの方です。今回は、井戸先生の話を聴きに長岡からお越しくださいました)もまじえての懇親会も行い盛会のうちに終了しました。
 
当日の様子はこちらの研究部会のブログにも掲載されています。
ご覧下さい。
伝統ビジネス国際化推進研究部会
 

 


 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player