NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
 伝統ビジネス国際化推進研究部会 _
  委員会・研究部会伝統ビジネス国際化推進研究部会
 2008/08/16 伝統ビジネス国際化推進研究部会「屋形船で江戸の夕涼み会」
 

「屋形船で江戸の夕涼み会」

 
◆ 日時
 8月16日(土)18:00〜20:30
◆ 参加
 42名うちNBCより9名
 
8月16日(土)うだるような暑さ、そして激しい雷雨という天候の中、不思議と舟の出航時間には、おだやかな天気に恵まれました。
 
18時黎明橋より、舟「江戸桜の間 ふぇにっくす号」は出航、一路お台場へ今回は、日本の伝統文化を後世に残す、また世界に伝えることを目的に活動されているNPO法人日本人のアイデンティティを育む会・紫薫子(しくんし)の会主催のイベントにNBC伝統ビジネス国際化推進研究部会が共催という形で参加をさせていただきました。
 
挨拶をする高田部会長
紫薫子の会 代表 藤間e瀧(しゅうりゅう)さん 、代表 花柳 廸薫(みちかおる)さん

▲挨拶をする高田部会長

(舟の天井に頭が支えそうです)

▲紫薫子の会 代表 藤間e瀧(しゅうりゅう)さん 、

         代表 花柳 廸薫(みちかおる)さん

 
まずは、乾杯をし、しばし歓談。
歓談
歓談
 
その後は、御三味線の音に耳を傾けます。
稀音家千鶴さん(女流長唄三味線演奏家)
稀音家千鶴さん(女流長唄三味線演奏家)
▲稀音家千鶴さん(女流長唄三味線演奏家)
 
長唄「菖蒲浴衣」等メドレーでご披露いただきました。よくみれば、千鶴さんの着ている浴衣は菖蒲模様!
お洒落です。
 
昔、夏の夕涼みで舟遊びをした江戸の人たちは、舟に三味線引きを乗せ、舟の上で三味の音を楽しんだそうです。
三味線引きは、隣の舟から聞こえてくる三味の音に、自分の音を掛け合わせ、ジャズのセッションのように、その日、その日の掛け合いを楽しんだとのこと、粋ですね。
 
その後、紫薫子の会代表の藤間e瀧(しゅうりゅう)さん、花柳廸薫(みちかおる)さんによる踊りを楽しみました。
 
日本舞踊 長唄「吉原雀」より 〜 その手で深みに 〜
 
間近で見る日本舞踊の美しさ。手の先、足の先まで神経の行き届いた美しい踊りでした。
 
藤間e瀧(しゅうりゅう)、花柳廸薫(みちかおる)さんによる踊り
藤間e瀧(しゅうりゅう)、花柳廸薫(みちかおる)さんによる踊り
   
藤間e瀧(しゅうりゅう)、花柳廸薫(みちかおる)さんによる踊り
藤間e瀧(しゅうりゅう)、花柳廸薫(みちかおる)さんによる踊り
▲藤間e瀧(しゅうりゅう)、花柳廸薫(みちかおる)さんによる踊り
   
踊りに挑戦
踊りに挑戦

▲踊りを楽しんだ後は、日本舞踊の中に出てくる動きに、

お二人の御指導の下、みんなで挑戦!笑いがこぼれます。

 
最後は、落語。女流落語家 真打の桂右團治さんにご登場いただきました。
お話は、4歳の子からうん歳の大人まで、大きな声で笑って楽しめるものでした。さすがはプロの噺家さん!
 
女流落語家 真打 桂右團治
女流落語家 真打 桂右團治
▲女流落語家 真打 桂右團治
 
そのあとは、江戸前の天麩羅に舌鼓を打ち、船着場まで船着場につき、全員が舟からおりると、大粒の雨と雷。雨と雨との間の僅かな晴れ間の夢のような時間でした。
 
NPO法人・日本人のアイデンティティを育む会・紫薫子(しくんし)の会では、小さなうちにできるだけ日本文化に触れて欲しいと、小学生を対象に日本舞踊のこども教室も開催されているそうです。
 
NPO法人・日本人のアイデンティティを育む会・紫薫子(しくんし)の会 代表花柳廸薫(みちかおる)さん
ブログ
 
ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください。
 

 


 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player