NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
 ドラッカー研究部会 _
  委員会・研究部会ドラッカー研究部会
 2011/11/09 第6回ドラッカー研究部会
 

ドラッカー研究部会 第6回開催報告

 
◆ 日 時

平成23年11月09日(水) 18:00-20:00

◆ 会 場

NBC会議室

◆ 内 容

第6回ドラッカー研究部会 「意思決定とはなにか」

◆ 参 加

5名

   
 

11月9日(水)第6回目のドラッカー研究部会を開きました。この研究部会では、「ドラッカーを学び、それを経営にどのように活かすか」を目的として議論を中心に展開しています。

今回の課題は、「意思決定とはなにか」でした。

1) ドラッカー研究部会 「意思決定とは何か」

エグゼクティブにとって意思決定は仕事の一つに過ぎないが、特有の仕事である。組織に対して重大な影響を及ぼす意思決定を行うことを期待されている者こそエグゼクティブであり、成果をあげるために意思決定を行わなければならない。成果をあげるためには、意思決定の数を多くしてはならず、重要なものに集中しなければならない。個々の問題ではなく根本的なことについて考え、問題の根本をよく理解して決定しなければならない。不変のものを見つけなければならず、決定の早さを重視してはならない。何についての決定であり、何を満足させるかを知る必要がある。賢くあろうとせず、健全であろうとしなければならない。そして最も誤りやすい決定は、間違った決定である。基本を理解すべきものと、個々の事情に基づくべきものを峻別し、正しい妥協とそうでない妥協の見分け方を知らなければならない。意思決定のプロセスで最も時間がかかるのは、決定そのものではなく、決定を実行に移す

時間である。決定は実務レベルに下ろさない限り決定とはいえず、よき意図にすぎない。


2) 意思決定の5つのステップ

成果をあげるうえで必要とされる5つの意思決定のステップがある。


  (1)問題の種類を知る
  (2)必要条件を明確にする
  (3)何が正しいかを知る
  (4)行動に変える
  (5)フィードバックを行う

 

3) 問題の種類を知る

意思決定の対象またはそれに関連する問題の種類を、知らなければならない。一般的な問題か例外的な問題か、何度も起こるものか個別に対処すべきものかを問う必要がある。基本的な問題は原則と手順を通じて、例外的な問題は状況に従って解決しなければならない。厳密にいうと、あらゆる問題はこの2種類ではなく、次の4つに分類できる。


(1)基本的な問題の兆候にすぎない問題
(2)当事者には例外的だが、実際には一般的な問題

(3)真に例外的で特殊な問題
(4)何か新しい種類の問題として、最初に現れる問題


これらの問題のうち例外的な問題を除き、あらゆるケースが基本の理解に基づく解決策を必要とする。一度正しい基本を得ていると、同じ状況から発する問題は、すべて実務で処理できる。例外、特殊な問題は個別に処理し、原則を作ることはできない。したがって、意思決定の成果をあげるには、時間をかけて問題の種類がいずれかを知ることである。

 

4) 必要条件を明確にする

意思決定においては、決定の目的は何か、達成すべき目標は何か、満足させるべき必要条件は何かを明らかにしなければならない。意思決定が成果をあげるには必要条件を満足させなければならず、その必要条件は、この問題を解決するために最低限必要なことは何かを考え抜くことで明らかになる。

 

 

 

 何が正しいかを知る

決定において、何が正しいかを考えなければならない。やがては妥協が必要になるからこそ、誰が正しいか、何が受け入れやすいかという観点からスタートしなければならない。何が正しいかを知らなければ、正しい妥協と間違った妥協を見分けることができず、間違った妥協をしてしまう。



 行動に変える


意思決定において、最も重要な部分が必要条件を検討する段階であるのに対して、最も時間のかかる部分が、意思決定を行動に移す段階である。意思決定を行動に移すには、次の三つの問いが必要である。


(1)誰がこの意思決定を知らなければならないか
(2)いかなる行動が必要か
(3)その行動はいかなるものであるべきか



 フィードバックを行う


意思決定の基礎となった仮定を現実に照らして継続的に検証していくために、意思決定そのものの中に、フィードバックを設定しなければならない。決定をするのは人間であるが、人間は間違いを犯す。最善を尽くしたとしても、必ず最高の意思決定を行えるわけではない。最善の決定といえども、間違っている可能性はある。したがって、定期的にフィードバックをおこない、検証しなければならない。

いつにも増して、にぎやかな研究部会でした^^

次回は、12月6日(木)18:00〜です。

 
 

 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player