NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
  21世紀のビジネスライフを支えるヘルスケア研究部会 _
  委員会・研究部会21世紀のビジネスライフを支えるヘルスケア研究部会
 2010/06/07 第1回開催報告
 
2010年度 第1回21世紀のビジネスライフを支えるヘルスケア研究部会
 
■開催日 平成22年 6月 7日(水)18:00〜20:00
■会 場 社団法人 関東ニュービジネス協議会
■参加数 10名(講師含む)
   
テーマ:

ヘルスケア分野におけるマーケティングやヒット商品開発について

  〜医療機器業界への参入の仕方を中心に〜

講 師:

エルブレーントラスト株式会社 代表取締役社長 森本 尚樹 氏エルブレーントラスト株式会社

代表取締役社長 森本 尚樹 氏

 
今年度第1回目となる今回は、不況知らずで、収益率も高く、市場規模は日本だけで2兆7千億円、世界では、25兆円。そのうち、50人以下の企業が、日本では60%、世界では80%を占めるという中小企業にとっても、非常に大きなチャンスのある、医療機器業界の現状や参入の仕方を中心に学習しました。
医療機器産業に参入するということは、以下のようなパターンが考えられます。
 

1.医療機器メーカーとなる(医療機器の製造・販売業者となる)
2.医療機器の販売業者となる
3.医療機器メーカーに部品を卸す
4.薬事承認が不要な医療機器製品を製造・販売する

 

また、「医療機器」と一口に言っても、

・機器(レントゲン装置、内視鏡 等)
・道具(メス、鋏 等)
・材料(カテーテル等)

等の種類があります。
 
医療機器では、クセのある販売形態もありますが、材料を販売する業者として、最近ではアスクル等も参入した例もあります。

また、医療機器メーカーは、必ずしも先端技術を自社で開発するのではなく、自社に生かせる(=顧客に支持される)技術を求めている、という現状があります。

従って、「自社技術や商品を使えばこんな問題が解決できる」「こんなことができる」と、メーカーに対して、技術先行ではなく、具体的な問題解決の提案ができれば、極一部のある技術に特化した中小企業でも、大いにビジネスチャンスがあります。

 

部会長の潟<fィカルプラットフォーム 東野氏

部会長の

潟<fィカルプラットフォーム 東野氏

ちなみに、当部会 部会長の潟<fィカルプラットフォームの東野社長は、医療機器に特化したマッチングサイトDo-Ma(中小企業(地場産業等)が技術を動画で投稿し、医療機器メーカーが動画を閲覧することによってマッチングを実現)を展開されています。
 
勉強会の中では、実物や動画等で様々な医療機器が紹介。
どんな使用法、効用があるか、等も披露されました。
 
医療機器の販売代理店になったばかりの企業や、ちょうど医療材料の物流を始めた企業等、非常に具体的な関心事項を持っている企業の参加が多く、質疑応答は、たっぷり1時間、大いに盛り上がりました。
 
 
軽妙な語り口で、ご講演により「医療機器産業」への参入障壁を一つ取り除いて下さった森本社長、ありがとうございました。 
 

 


 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player