NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
 女性委員会・企業におけるワークライフバランスとCSR研究部会 _
  委員会・研究部会 女性委員会企業におけるワークライフバランスとCSR研究部会
 2008/07/25 第3回 合同講演会
第3回 NBC女性委員会&ワークライフバランスとCSR研究部会
 
日 時:
平成20年7月25日 18:30〜20:30 (NBC会議室)
講 師:

株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役 小室淑恵氏

テーマ:
経営戦略としてのワークライフバランス
参加者:

26名

 
今や様々な場面で活躍されている小室社長にお越し頂き、ワークライフバランスとは自社の利益に結びつく考え方なのだという点をお話いただきました。仕事を切り上げ、趣味に生きよう、家族と過ごそう・・ワークライフバランスはそう単純な話ではありませんでした。
 
少子高齢化社会の現代社会においても企業人の働き方は従来どおりの残業青天井、残業している者の方が就業時間内に成果を出して帰る者よりも評価が高いままで良いのだろうか。その評価を受けた後者のモチベーションはどうだろうか・・。その結果は最終的に会社の利益にさえ反映してくる。長時間労働だけでは生産性があがらなくなっている今、この問題にどう対応するかで15年後の企業の戦力に大きな差が出てくるという。
 
 
共働きが多い20〜40代の団塊ジュニア世代。女性は出産ラッシュ。仕事と育児家事に時間を目一杯取られている。また今から15年後には、男女ともに夫々の親の介護をする時期に。男性も広く介護休暇を取らざるを得ない状況となる。加えてこの世代には一人っ子の独身男性が多いのも難問の一つ。少子化のため親の介護を手分けして負担できる相手がいないのだ。また、近年急増しているうつ病や怪我等で働くにも働けない人たち・・。
こういった様々な事情を抱えた企業人が、今後どんどん増えていく。
企業は、有能でありながらも時間に制約のある社員を退職・転職させることなく、またモチベーションを下げることなく働けるよう環境整備をしなくてはならない。
また、それを行っている企業に優秀な人材が集まって行くのは必然ではないだろうか。
 
 
そんな中、資生堂に入社した小室社長は、‘99年、学生時代にアメリカでベビーシッターをした経験からビジネスモデルを構築、職場復帰プログラムを事業化した。
‘06年、自身の妊娠と同時に起業。労使両方の目線で自社製品「armo(アルモ)」、そして社会を見つめることが出来るようになったという。
「armo(アルモ)」とは、休業中の社員と会社及び同じ境遇の仲間とつながることで、職場復帰しやすくし、またその間をスキルアップの機会として活かしてもらうシステム。すでに大手企業をはじめ150社以上で導入されているという。
 
 
ワークライフバランスという単語が飛び交って久しい昨今ですが、先日の日経新聞に内閣府の世論調査発表がありました。「名前も言葉も知らない」「名前は知っていても内容は知らない」を合わせると全体の8割強がまだまだ未知だという結果でした。認知度はまだまだですが、将来、必ずや社会に必要となる考え方・システムとなるでしょう。今回ご参加された経営者の皆様にも、今の課題そして今後の対策を考えさせられた2時間でした。小室社長、ご講演誠にありがとうございました!
 
 
 

                                                          


 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player