NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
 企業革新推進委員会 _
  委員会・研究部会企業革新推進委員会
 2004/08/05 企業革新推進委員会報 Vol .

【起業家(アントレプレナー)とドラッカー】

 

企業革新推進委員会の皆様

 委員会報 「起業家(アントレプレナー)とドラッカー」 の Vol.2を配信します。

 今回は 8月4日から始まる「ドラッカーとの出会い」への参加の仕方について委員長より、ショートスピーチの例で示していただきました。

 

「ドラッカーのさりげない表現」

委員長 松尾 雅彦

  8 月 4 日からいよいよ読書会が始まります。そもそも読書会の経験をお持ちではない人が殆どでしょうから、出席したものかどうかお迷いでしょう。この度の読書会では、予め決めたページを読んでみて、自分の体験とつながりのあったことがあれば、その体験を語ってみて、ドラッカーの主張と重ねてみましょうというものです。

  一例として、私のことをお話しましょう。

  P19 終わりから 4 行目、『しかし 1880 年代以降、電話の普及とテイラーの科学的管理法(サイエンティフィック・マネジメント)によって、生産高を 1 単位増やすのに必要な情報は年率1%ずつ増加した。高学歴者の雇用も同じ年率で増加した。つまるところ、コンピュータさえ、情報の爆発的増加の原因というより、むしろそれに対する反応として見るほうが正しい。』 この 4 行の文章を文字通り理解することは大変に難しい。読書の習慣をあきらめさせるだろう。私は次のように読みました。『会社組織が大きくなってきたのは 120 年前の 1880 年以降のことで、それは通信手段の急速な発達と、テイラーの科学的管理法の開発が最も大きな要因をなしている。通信手段では初めは電話が活躍したが最近ではコンピュータであり、沢山の情報を扱うことから、高学歴者の雇用が増加した』

  実に、多くの成功した経営者は電話の使いかたが猛烈である。最近ではコンピュータの使いかたに得意さが見られます。私の父は電話魔とさえいえた。朝は 4 時ごろから幹部の自宅に電話が架かった。そのために、電話事情の悪い時代ながら、幹部の自宅には会社の費用で電話が引かれていた。私はそのせいですっかり電話嫌いになった。いまだに不意に電話が鳴ると(電話というものはいつも不意になるものだが)身震いをする。

  さて大事なことをドラッカーは言っている。それは、情報伝達と科学的管理法の関係である。その情報の取り扱いで高学歴者の雇用が拡大して、つまりサラリーマンが生まれ、中産階級が形成されたことを伝えています。そこで、私が電話が鳴ると、何故ビクッとしたかの理由が明らかになるのです。創業者は情報を自分の体験で処理します。想像を働かして何かの悪い予測をします。急いで対応に走らなければなりません。早朝の電話はこうして連日のものとなります。

  カルビーに科学的管理法が体系的に入ってきたのは‘ 82 年、TQCに取り組んでからです。企業革新推進委員会の第一課は数値による経営管理です。このように見ていきまして、今でも本を読み返すたびに、情報処理や科学的管理の改善を対にして思いをいたしています。わずか 4 行に込められたドラッカーの意図を汲み上げることが、著者と読者のつながりでしょう。


いかがでしょううか?

「ドラッカーとの出会い」は 8 月 4 日(水) 17:00 〜 19:00 NBC 会議室で開催されます。

皆様も「実践する経営者」の第T部( P17 〜 54 )を読んでご参加ください。

基本的には担当班の方に 3 分間スピーチを頂くことにしていますが、担当以外の方も人のスピーチを聞くだけでなく、進んでスピーチにご参加ください。

                                                                          


 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player