NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
 企業革新推進委員会 _
  委員会・研究部会企業革新推進委員会
 2004/08 企業革新推進委員会報 Vol .

【起業家(アントレプレナー)とドラッカー】

 

企業革新推進委員会の皆様

 委員会報 「起業家(アントレプレナー)とドラッカー」 の Vol.3を配信します。

  「ドラッカーとの出会い」は8月4日に引き続き、8月31日に第2回が開催されます。今回は第2回の対象範囲の中から第11章を取り上げ、カルビー鰍フ事例を松尾委員長にお話しいただきます。

 

「流通チャネルの変化に注目する:第11章 経営者は外を歩け」

委員長 松尾 雅彦

  カルビーのおよそこの 30 年間の成長とこの間の流通チャネルの変化の関係をお話しましょう。新しいチャネルが台頭してくることに対応することが、ドラッカー先生の主張される新しい現実を受け容れることになり、企業家精神の発露の証明になりましょう。

  1967 年はカルビーの大成長が始まった年でした。特に新たな進出先であった首都圏での成長は目覚しいものになりました。この成長はかっぱえびせんが爆発的に売れ出したことによるのですが、売れた場所は当時はやりのセルフサービスの食品スーパーでした。首都圏市場の開拓では菓子卸の問屋さんにお願いしていましたが、従来の菓子パン店ではなかなか進まなかったところ、スーパーさんで販促をすると面白いように売れたのです。

  1975 年ポテトチップを発売したときにはスーパーさんが引き続き積極的に販売されましたが、この時期に同じくして台頭してきたのがコンビニエンス・ストア(CVS)です。CVSでは 80 年代〜 90 年代はポテトチップを重要商品としてエンドを占めていました。毎月のように入れ替わる商品提案はCVSの売場に合っていたのです。

  最近の流通チャネルの変化はどんなでしょうか。ドラッグやJRの売店が元気です。これ等の売場で売れるものがヒット商品になっています。 1 才からのかっぱえびせんというユニークな商品がヒットしているのですが、売れている売場はドラックがダントツです。いまどきのお母さんたちの愛用の売場はドラッグなのでしょう。

  台頭してくる新しい売場に付いていくことは、実は簡単なことではありません。流通チャネルの新しい台頭に対しては、その被害にあっている既存チャネルがあるからです。これ等の人々の利益を代表する勢力があります。彼らとの確執を乗り越える勇気がいるのです。スーパーマーケットの経営者は自分が台頭しているときは革新的ですが、基盤が出来ると新規に台頭してきたCVSに敵愾心を燃やします。

  新しいチャネルでお客様と接点を作ることが大切です。ドラッグに来るお客さんの気持ちはスーパーの店頭でいくら待っても聞けないのですから。お客様の変化を新しい接点で感じ取ることが出来ます。その変化に合わせて自分を変えていくのが経営でしょう。また、その変化の成果は既存のチャネルでも期待されているものです。

 

いかがでしょううか?

皆さんのお客様も常に変化しているのではないでしょうか?この変化にすばやく気付くために「外を歩き回れ」とドラッカーは言っています。

 事務局からの連絡です。

 先日、メールでもご案内しましたが「視察会&懇親旅行」を10月15〜16日で企画しています。視察先は長野県小布施町です。小布施町は町おこしの成功例として全国に広く知られています。国土交通省が「観光カリスマ」として全国から選定した11人に、小布施町長と第3セクター「ア・ラ・小布施」社長の2名が入りました。今回はこの「ア・ラ・小布施」の社長、市村良三さんに受入をしていただき「小布施町の町おこしと民間企業の役割」をテーマとします。1日目だけでも是非ご参加ください。

                                                                          


 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player