NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
 環境経営・環境ビジネス研究部会 _
  委員会・研究部会 環境経営・環境ビジネス研究部会
 2009/07/22  第4回環境経営・環境ビジネス研究部会 in 寄居 (視察会)
 

環境経営・環境ビジネス研究部会

in 寄居 (視察会)

第4回

 
◆日 時 平成21年7月22日(水) 14 − 20時
◆会 場

@工場視察

   ・オリックス資源循環株式会社  寄居工場

      埼玉県大里郡寄居町大字三ヶ山313 http://www.orix.co.jp/resource/

A交流会

   ・花和楽の湯 http://www.kawara-r.co.jp/

    カワラリゾート;埼玉NBC会員企業)

◆参加者 11名
◆内 容 @ゼロエミッションの廃棄物処理工場視察

A埼玉NBC会員との交流会(残念!)

 

↓こちらは、iPhon 内臓の「animoto」

簡単に連続写真が製作できます!

 
今回は、井福委員のご紹介で、オリックスグループの「オリックス資源循環梶vが経営する埼玉県の寄居町にある廃棄物処理工場を見学することになりました。最寄り駅は、東武東上線の『小川町駅』、それならばと、見学後は埼玉NBC会員企業でもあるカワラリゾート鰍ェ運営する【花和楽の湯】に入浴して、埼玉NBC会長や会員の皆様と交流会開催を企画したのですが、残念!!!埼玉NBCの定例会とぶつかり、止む無く、部会メンバーのみの懇親会となりました。
 
最寄り駅池袋から75分程
住所にもあるように、山の中(三ヶ山)山を切り開いたようです・・・
住所にもあるように、山の中(三ヶ山)山を切り開いたようです・・・
帰りの車両風景20:37発 ガラガラ!

最寄り駅

池袋から75分程

住所にもあるように、山の中(三ヶ山)

山を切り開いたようです・・・

帰りの車両風景

20:37発 ガラガラ!

 

H18年2月に竣工した寄居工場は、全国初の公共関与による取組となる「彩の国資源循環工場」内に建設されたゼロミッション施設(PFI事業者)であり、その他のリサイクル施設(借地事業者)、県営最終処分場(環境整備センター)、県と民間の研究施設で構成する総合的な「資源循環モデル施設」の中の一つです。

*PFIとは、公共的施設に民間の資金やノウハウを活用して、民間主導で運営を行う手法です。

 
オリックス資源環境は、30億円の費用で、公演整備工事、工場立地の為の造成・インフラ整備を行って埼玉県に引渡し、以後25年間の保守管理契約によりそれらの費用負担分を回収する「サービス購入型PFI」と、工場を自らの費用で建設運営し廃棄物等の受入費用を主とした事業収益で会社を経営する「独立採算方PFI」の2種類のPFIを行っています。
 
さて肝心の工場で扱う「廃棄物」は、産業廃棄物(廃プラスチック類、木屑、金属屑、廃油、汚泥など)、一般廃棄物(所謂可燃ごみや不燃ごみ)で、殆ど全ての廃棄物を受け入れ、それを【熱分解ガス化改質方式】により、完全に【再資源化】する真の【ゼロエミッション】です。焼却灰や飛灰が一切発生しない為、埋立処分が不必要! 排ガスも洗浄・精製されて燃料用ガスとして発電に利用され、売電となっています。正に「全ての廃棄物を有効活用できる形に再資源化」します。再資源化物としては、ブロックや路盤材等の建設資材となる「スラグ」、製鉄原料や銅原料等の「メタル」、工業塩などなど、です。
 
オリックス資源循環 高田 取締役
レクチャー
硝子越しフラッシュの為判別しにくいが、クレーンでごみを掴んでいます。

オリックス資源循環

高田 取締役

レクチャー
硝子越しフラッシュの為判別しにくいが、クレーンでごみを掴んでいます。
     
中央操作室
天井は、高いね〜
*大型UFOキャッチャーのイメージ
中央操作室
天井は、高いね〜
*大型UFOキャッチャーのイメージ
     
右側が入庫時計量 左側が出庫時計量差異が搬入量
データ公表
集合写真

右側が入庫時計量

左側が出庫時計量差異が搬入量

データ公表
集合写真
 
 
8割方が「ガス化」の工程に廻るそうですが、難点は1,200℃の高温を70℃に急冷却する際に、大量に水を使用することだそうです。持ち込んだ廃棄物が完全に再資源化され、埋立不要で、狭い日本に有効な燃焼型の廃棄物処理工場ですが、残念ながら同じシステムの施設は、全国に7箇所しか無いとのこと。
広大な土地と投資、廃棄物の収集費用との事業収益性でしょうか???
勿論、焼却を推奨する前に、ごみの減量が第一で、その後に、分別リサイクル!【ゴミ】は、分別すれば資源です!
 
その後は、所用の為、温泉入浴を泣く泣く断念して帰社した3名と分かれて、一路【花和楽の湯】へ。ゆっくりと入浴して、サウナでは本場フィンランドの「ロウリュウ」サービスを満喫!(アロマオイルが入った水をサウナストーンにかけてマイナスイオンを含んだ水蒸気と、アロマの香りで心身を癒します) また、岩盤浴では、暖かな床に寝そべり、短時間に全身から汗が滴り落ちました!
その後は、18時より懇親会。埼玉NBCの行事の為不在のカワラリゾート鰍フ新田社長に代わり、金本支配人から起業の経緯を伺いました。元は自社の瓦工場の跡地をボーリング。コンセプトは、「宿泊施設の無い温泉宿」、館内では、浴衣に着替えて様々なサービスや食事処、カフェバーなどでゆっくりと過ごせますし、従業員の方も、すれ違う際には『こんにちは』の挨拶と笑顔のおもてなしがあります。来年3月には、少し離れた「森林公園」に、2号店が開店するとのこと。楽しみです!
 
金本支配人

リラックス!

でも、結構弾んだ会話は、ブレイクした「BRT」でした!

リフレッシュ後は、

皆さん社長のお仕事!

 
最後に、オリックス資源循環鰍フ高田取締役、カワラリゾート鰍フ金本支配人には、改めましてお世話になった御礼を申し上げます。ありがとうございました!
 
以上

 


 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player