NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
  資金調達・M&A委員会 _
  委員会・研究部会 資金調達・M&A委員会
 2009/09/2   第2回 開催報告
 
第2回 資金調達・M&A委員会
◆ 日時 平成21年9月24日(木) 13:30〜15:00
◆ 会場 NBC会議室
◆ 参加者 11名
◆ テーマ 「銀行に頼らない資金調達」 広瀬洋一編
 
今回は、広瀬委員長自らが、ご自身の体験談を下に話されました。
資金調達の方法やM&A,更には投資など所謂ファイナンス関連に興味を抱いたきっかけは、相続時の「納税対策」だったとのこと。事業継承目的で、自社株を贈与される際「東京中小企業投資育成梶vに相談して自社株の評価方法を学んだことが発端。
勿論、違法ではありません。
 
広瀬委員長
会場の様子
会場の様子
広瀬委員長
会場の様子
 
肝心の資金調達は、
1.Debt(借金)   → 社債発行や私募債、銀行からの借入 → 他人資本の増加
2.Equity(株式) → 株式発行、利益留保 → 自己資本の増加
 
のどちらかしかなく、ユニークなものでは、「純米酒ファンド」「音楽ファンド」などがあるようです。
<純米酒ファンド>
配当はお酒の現物支給と、刈り取りなどのイベント参加。秋に収穫したお米を翌2月に仕込み新酒として秋に販売するなど、田植えから翌年秋までの酒の楽しみとファンづくりのファンド。
資金回収1年、仕入れ〜販売まで1年の2年単位です。埼玉県の「神亀」が有名!
 
上場した後ですが、「グリーンシート」の店頭公開の年間維持費は、凡そ700万円くらい。例えば、1億円資金調達したとしても、7%相当ですから、銀行から借り入れた場合の利息より高額だが・・・これをどう捉えるかは経営者の判断となるとのこと。因みに、IPO実施した場合には、年間維持費は7,000万円以上!
 
いろいろ、委員長自身経験則で話されましたが、結論は、諸々ある仕組みを考えながら組み合わせて、経営者として、如何にして「税の軽減」「現金化」を図り、景況厳しい中で企業の倒産防止を図るかということでした。韓国や香港などでは、日本企業の上場誘致も行っているようです。
この辺りのお話や、東京中小企業投資育成鰍フことは、是非、直接広瀬委員長にお尋ね下さい!
 

以上

 

 


 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player