NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
 定例会委員会 _
  委員会・研究部会定例会委員会
 2011/05/11 第2回定例会 開催報告
 
   
  〜〜〜〜〜 第2回 定例会 〜〜〜〜〜
   
 

主催;定例会委員会  
併催;ビジネスマッチング委員会 

   
 
◆ 日 時 平成23年5月11日(水) 18時〜20時30分
◆ 会 場 ANAインターコンチネンタルホテル東京 B1階「グローリー」
◆ 講 師

株式会社トリドール 代表取締役社長 粟田貴也 氏
*第5回IPO大賞 グロース部門受賞企業

◆ テーマ

「外食産業のリーディングカンパニーを目指して」

◆ 参加者  55名
   
 
 第2回定例会は、下記のフローで開催されましたが、その前の17時〜、40分程度、「新入会員委員会」が主催する新会員向けの、NBCの概略及び委員会活動説明会を実施致しました。今回は、以下の6名の方が参加されました。
 
 
<参加者> 奥寺 副委員長(新入会員委員会)
(1)且O愛電機  代表取締役 高橋 秀治 さま (H22年度入会)
(2)鰹G實社 代表取締役社長 高橋 秀幸 さま
(3)デジタルクルーズ 代表取締役社長 押田 賢一 さま
(4)鞄本アレフ 取締役社長 堀之内 英 さま (H22年度入会)
(5)ブレインズテクノロジー 代表取締役 平瀬 正博 さま
(6)個人会員 保険プランナー 牧田 泰  さま

 
<次第> ・ビジネスマッチングのプレゼン2社  18時 〜 18時30分
  ・第2回定例会     18時30分 〜 19時30分
  ・懇親会         19時40分 〜 20時40分
   
 

【ビジネスマッチングのプレゼン】2社
◆株式会社日本アレフ http://www.nippon-aleph.co.jp/
  1社目は、鞄本アレフの堀之内社長です。社名のカタカナから少しイメージが…と笑いを誘いながらプレゼンがスタート。事業は、検出用センシングデバイス・制御用スイッチングデバイスおよびセキュリティ機器の専門メーカとのこと。海外生産拠点の関係で、堀之内社長は海外出張も多くご多忙の中、定例会も含めて、今回初参加です!

 
堀之内社長
プレゼンの様子
ビジプレ司会;中島副委員長
 


◆文京学院大学 コンテンツ多言語知財化センター http://www.u-bunkyo.ac.jp/center/cm/

  2社目は、NBCと包括提携契約を結んでいる文京学院大学から。実際に学生達が、ローコスト・短納期等で、企業からビジネスを受託していることもあり、今回のプレゼンとなりました。桜澤先生の巨体(ごめんなさい!)に隠れるような、初々しい2名の女子学生が、実際に受注した企業のキャラクターwebサイトを使ってプレゼンしました。

 
左)桜澤教授  
プレゼンの様子
西村ビジネスマッチング委員会委員長
 
 

定例会開始前に、

  1. 下村新入会員委員会委員長から、本日参加された新入会員との積極的な名刺交換・交流と、改めての多くの会員紹介依頼
  2. 本年度、NBCの<新副会長>に就任された潟tォーバルの大久保会長のご紹介と御挨拶

があり、いよいよ、粟田社長の登壇となりました。

 
司会者;黒部定例会副委員長
下村新入会員委員会委員長
大久保「新」副会長(潟tォーバル)
   
 

【第回定例会】

 

 粟田社長には、「第5回IPO大賞」グロース部門を受賞された経緯もあり、今回のご出講となりました。個人商店として営業した開店当初から、現在では全国470店舗以上を展開する讃岐うどん専門店【丸亀製麺】を中心としてここまで成長した秘訣や今後のビジネス展開など、関西弁で、時には笑いを誘いながら、一気にお話し頂きました。

 
 

以下が概略です。

  • 学生時代、飲食等のアルバイトで多くの事を学ぶが、働くことには「懐疑的」だった。
  • 20歳過ぎ、夢は喫茶店の開業に。資金作りは、運送会社で睡眠時間を削って働いた。
  • その中で、次第に現実的となり「焼鳥」店の開業を目指す。そして奥様と1985年に「トリドール三番館」を開業した。(三番館の意味は、店舗を3店舗持ちたいの意)
  • しかし、店舗立地とイメージもあり、集客に苦戦。営業時間を深夜〜早朝に変更して何とか生き残っていた。
    ⇒ 来店したお客様に仕事のノウハウを学ぶ。集客と地域密着がヒントに!

 

 

  • 1つの転機、東京で若い女性が顧客となる居酒屋ブームが到来。同様な店舗展開を図り繁盛するが、類似店舗との競争激化もあり好調さは長続きしない。
  • 改めて、顧客ターゲットを「家族」に変更して「和風ファミリー居酒屋;とりどーる」を展開した。
  • 特徴ある店舗展開もあり、成長路線にのり、全国店舗展開や上場も夢ではなくなった。

  • ⇒ オンリーワン・特徴化など、顧客戦略の明確化と、ジャッジの早さがキー!

 
 
粟田社長
会場の様子
 

 

  • 同業態で上場を目指していく中で、鳥インフルエンザという、企業リスク課題が発生した。
  • バブル崩壊後のデフレが一つのヒントになり、安くてうまい讃岐うどん(讃岐;ご尊父出身地)への挑戦が始まり、「丸亀製麺」としてショッピングモールに出店した。
  • 他の飲食業態(ラーメン・やきそば他)も展開したが、中心は丸亀製麺として、ロードサイドを中心とした店舗出店に変更し、06年2月マザーズに上場した。
      (08年12月には1部市場へ指定替え)
    ⇒ ニッチで、競争を避けた、1歩先の事業創造と、創業理念に原点回帰!

 

お客様に来店して頂かなければ商売にならず、その為に敢えてチェーンストア理論の真逆として、手間暇を掛ける(付加価値創造―各店舗で自家製麺、出来立てなど)という「差別化・特徴化」の店舗展開戦略を採用して、現在全都道府県に店舗展開中。この数年で丸亀製麺の国内1,000店舗達成(468店舗;11.05.11現在)へとチャレンジしていくとの事です。
勿論時節柄、国内だけではなく、先ずハワイに海外直営1号店を出店済み。更にタイにはフランチャイズ展開を行い、今後は中国にも出店する事業計画があるようです。


会社の不変の理念は、「ひとりでも多くのお客様にいつまでも愛され続ける地域一番店を創造していこう」とのこと。
自分は、大きなビジョンを話しただけで、後は良い社員に恵まれたからと謙遜しておられましたが、ポイントは、社長自らがこの理念を率先垂範して行動する「思い立ったら吉日!」、まさに現代には不可欠な【スピード】対応でした。

 
       
【懇親会      

粟田社長には、その後の懇親会に最後まで御参加され、直接数々の質問にお答え頂き、また多くのNBC会員と交流も行いました。改めまして、粟田社長には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。


乾杯の発生 
名刺交換 
懇親会の様子
中〆は、首藤副会長
最後は1本〆
   
 

次回第3回定例会は、7月20日(水)、「ベンチャー企業経営者が、地方自治体の首長になろう研究部会」と共催で、ワタミ株式会社の渡邉美樹取締役会長に、ご出講頂きます。

どうぞご期待下さい!

 


                                                          


 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player