NBC 社団法人 関東ニュービジネス協議会
  ホーム NBC概要 委員会・研究部会 スケジュール 会員企業一覧 入会案内 ニュースリリース
 ベンチャー創出委員会 _
  委員会・研究部会ベンチャー創出委員会
 2010/06/30 第1回起業家応援コミュニティ
 

平成22年度 第1回起業家応援コミュニティ開催しました!

 

関東経済産業局
(社)関東ニュービジネス協議会

 

 関東ニュービジネス協議会(NBC)ベンチャー創出委員会は、昨年から引き続き、今年も関東経済産業局と共同で、ベンチャー創出・育成を目的とした支援事業を行っています。

 昨年までは、起業前の方々(予備軍)を支援対象とし、モチベーションアップや事業プランのブラッシュアップを支援していました。今年は、既に起業し、法人設立後2年未満の方を主な対象として、今、現実に直面している経営課題解決を支援します。

 今年は23名の方から、参加申し込みがあり、先日、コミュニティの第1回目が開催されましたので、その模様をお届け致します。


■開催日時 : 6月30日(水)  18:00〜20:30 
■開催場所 : NBC会議室
■参加人数 : 起業家20名 
                       NBC会員アドバイザー 10名

■プログラム
18:00-      開会挨拶 オリエンテーション

18:15-19:00    第1部 起業体験談

           今回のスピーカー : 田中 豊 氏 
             アートグリーン株式会社 代表取締役社長
      

19:00-20:00   第2部 自己紹介

20:00-20:30    第3部 起業家による経営課題発表
            NBC経営者によるアドバイス及び全体ディスカッション 


冒頭は、本事業を共催している関東経済産業局の地域経済部新規事業課鈴木課長よりご挨拶いただきました。

 

 日本経済活性化には、創業と事業承継を促進していくことが

 非常に重要です。
 本コミュニティでは、創業された方の経営課題を解決していきま

 すが、その過程で、ぜひ人的ネットワークも作っていってほしいと

 思います。収益力がある企業とは、「つながり力」のある企業、

 人的ネットワークは、収益力にも結びついていくと思います。

 

 

【第1部】


第1部は、経営者によるリアルな起業体験談や、これまで直面していた経営課題解決の道程を通じて、ビジネスに対する姿勢や成功要因、 戦略等について、何かしらの刺激やヒントを得ていただくことを目的としています。

第1回目の今回は、当コミュニティ運営委員会委員長の田中豊氏(アートグリーン社長)でした。

 

<田中 豊 社長プロフィール>


生年月日:1966年 横浜市生まれ (44歳)
学歴:成城大学経済学部卒
職歴:ゴルフ場運営会社に入社。91年、会社の同期とともに、生花販売のアートグリーンを設立。代表取締役社長に就任。現職。06年3月、社団法人関東ニュービジネス協議会理事並びにベンチャー創出委員会委員長就任。現職。

アートグリーン株式会社は、贈答用胡蝶蘭の法人向け販売、総合園芸コンサルタント等を手がけ、躍進を続けています。売上月8万円に過ぎなかったリヤカーの引き売りから、今では年商10億円を超え、平成20年には、生産性向上等につき、先進的な取り組みを行う企業として「ハイ・サービス日本300選」にも選定されるに至っています。

今回は、起業に至った経緯や、特別花が好きだったわけでもないのに起業の際、花業界を選択した理由、アートグリーン独特のビジネスモデルが誕生し成長した軌跡、御自身が経営される上で大切にされていること、今後の展望等についてお話いただきました。

マインド面だけでなく、資金調達時のポイントやアライアンス拡大の手法等、非常に具体的且つ、実践的な内容で、コミュニティ参加者のアンケート回答も大変好評でした。

 

船井総研 創業者の船井幸雄さんの言葉を引いて、創業の3目的と、成長への必要3条件も提示していただきました。

 

<田中社長語録>


●実事求是(じつじきゅうぜ)という言葉を信条としています。現実に起こっていることの
中からしか答えは出せない。格好付けずに、地に足を付け、身分相応の考え方を持つ、

できる以上のことはやらないようにしています。

●絶対に諦めないこと。夢は逃げません。理由を付けて夢から逃げるのは自分です。
諦めない限り、何年かかったとしても夢は叶います。

●有利子負債は作らない。志のある社長がいて、有利子負債がなければ、会社がなくなることは
ほとんどありません。

●空気を読めない人はだめです。

●恩を忘れないことです。お世話になった方へは、報告し、言葉でも手紙でもいいから返すこと。
義を忘れないこと。そうした姿勢でいれば「因果応報」巡り巡って、また違う方から何か返って
くることもあると思っています。

●何か一つのことを愚直に一生懸命に諦めずにやっていれば、次へのヒントがきます。
そのヒントを見逃さないことが重要です。

●一つでもあったらダメなルーズが3つあります。「おカネ、時間、女」にルーズな人は信用
できません。ルーズでない、というのは、きちんとした区分けができる、ということです。

 

  参加者の声(感想)

・田中社長の波乱万丈なお話は、大変元気を頂けました。やはりピンチの中にチャンス(アイデア)があるのだと確信しました。

・起業して2ヶ月経とうとしていますが、資本金の減少…バクチを打ちたくなる気持ち…など日々悩んでいました。今回、田中様の話をお聞きして、諦めずに、地に足をつけて、資本金に見合う仕事を今は地道に続けよう思います。最後はやはり人間力だと思いますので、日々みがいて行きます。

・これからの新規展開への意気込みをお聞きでき、刺激になりました。

・銀行との話、役に立つ内容でした。経営者にもいろいろな方がいらっしゃるのだなと思いました。

・アライアンス先をどのように増やすのかが分かった。

・起業して順調にいくとは思っていなかったが、実際うまくいかず田中社長の失敗の経過が聞けて安心?出来ました。視点を変えて、考えていきたいと思います。

・勇気を頂き、参考になるお話も頂き、大変得難いお話でした。もっともっと突っ込んだ、深いお話を聞きたかったです。体験談でもテーマをもっと絞るのもアリかと思います。ありがとうございました。

・成功モデルの考え方、資料の説明も伺いたかったです。

 

【第2部】自己紹介

第2部では、NBC会員経営者は1分ずつ、コミュニティ参加起業家は2分ずつ、自社の事業概要や現況を含め、自己紹介していただきました。

NBC会員からは、自身のそれぞれの経験から、起業したばかりの方への応援メッセージ等もありました。

今年のコミュニティ参加者は、既に起業している方は16名、今後起業するつもりの方が6名です。

NBCでは、昨年エンジェルファンドも設立されています。投資対象は、起業3年未満企業です。この中で、我こそは、という方がいれば、ぜひ名乗り出てください!


【第3部】起業家による経営課題発表

 

第1回目の今回は、昨年からの継続参加者であり、昨年コミュニティ開催期間中に法人登記に至った潟Gイリストの酒井社長に、事業内容をプレゼンいただきました。

昨年9月に設立し、現在はウェブマーケティング事業とシェアハウス事業を展開。今回のプレゼンテーションは、シェアハウスのビジネスモデルについてがメインテーマとなりました。

NBC会員経営者からは、様々な質問や意見が飛び交いました。

 
アドバイザー

文京学院大学 経営学部教授

櫻澤 先生

経営サポートサービス梶@社長

元 アデコジャパン(株) 社長

重茂 氏

潟Vェルパ・インベストメント 社長

ベンチャーキャピタリスト

川本 氏

 

  参加者の声(感想)

 <発表を聞いて>
・こんなビジネスモデルもあるんだなと、とても興味深かったです。自分   自身も発表をし、課題を発見していければと考えています。
・キャッシュのつくり方が非常に勉強になった。

<アドバイスを聞いて>
・同じ経営者の立場でビジネスを考えながら、アドバイザーの方とのディスカッションでリアルにシミュレーションが出来て良かったです。
・自分のケーススタディでないと聞いているだけでは役に立たないかも。NBCの社長の意見の真剣さは伝わってきます。無料でこんな社長の意見を聞ける機会は他にないと思う。

<第3部全般について>
・具体性がなく、且つ発表者にとって課題が解決し得るのか疑問。発表内容をある程度フォーマット化すると、議論の深掘りが出来るかと思います。論点が明確でないと、話がまとまらなく実践に役立たない。

<発表者の感想>
・現時点での売上、利益に対する外部からの評価と事業⇔理念の関係に対しての意見が聞け良かった。


次回は、9月24(土)13:00〜17:00 です。

起業家3名の方に事業内容と経営課題を発表していただくほか、
グループディスカッションも行う予定です。
どうぞ、お楽しみに!

 

 
個人情報保護方針  事務局マップ  関連諸団体リンク サイトポリシー サイトマップ  
情報の無断転載・無断転用を禁止します。
社団法人 関東ニュービジネス協議会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル3階 TEL: 03-3584-6080 FAX: 03-3584-6081
Get Acrobat Reader
Get Flash Player